2週間で10キロ痩せるダンスって本当に痩せるのか試してみた

youtubeにアップされている2週間で10kg痩せるダンスを踊って痩せるダイエットです。
食事も気をつけますが、主には運動で痩せる方法です。
30分間の動画なのですが、やってみると見た目以上にハードなダンスで、10分も踊らないうちに汗だくになります。
本当は毎日がいいのですが、結構ハードであることと、わたしは日頃からジムに通っているので、ジムに行かない日だけ入浴前に踊って、1ヶ月に2~3kgのダイエットを目指すくらいを目的にやっていました。

楽しく痩せれてリバウンドはしにくいと思います

せっかく痩せてもリバウンドしては意味がないのでリバウンドしにくいのはメリットだと思います。
なぜリバウンドしにくいのかというと、無理な食事制限がないからです。
あと、ダンスなので運動することで筋肉が付いて代謝が上がるので、その面でもリバウンドはしにくいと思います。
また、ダンスなので踊るのが嫌いな人以外は楽しくダイエットできると思います。
踊るのが嫌いな人も、基本1人で踊ると思うので、音楽に合わせても合わせなくても他人の目を気にせずに好きなように踊っていいので、もしかしたら楽しく実践できるかもしれません。
ダンスのパターンも何種類かあるので、飽きたら他のダンスをやってもいいし、マンネリ化しないところも長続きしやすいと思います。

動く系のダイエットはお腹が減る

以前ジムに通い出したばかりの時も同じ目に遭ったのですが、動く系のダイエットはお腹が減ります。
なので、食事制限は気にせずに運動だけで痩せようとしていると、結果食事を摂りすぎて太ってしまうこともあります。
わたしは今回も同じ失敗をして、このダイエットを開始直後は一旦少し太ってしまいました。
でも、その後併せて少し食事に気をつけるようにしたら、痩せました。
気をつけると言っても、運動後は食べ過ぎるので、心がけようと思うことと、あとは低カロリーなおかずを献立の中に1つは必ず入れておいて、それを多めに食べたり、夜だけお米を抜いたりなど、過酷なことは一切していません。
それだけですが、1ヶ月で2~3kgは痩せました。

運動で痩せる場合も多少は食事に気をつける

わたしと同じ2週間で10kg痩せるダンス以外でも運動で痩せようとする人は、運動だけで痩せようとは思わない方がいいです。
先ほども述べましたが、運動するとどうしてもお腹は減るので、たくさん食べてしまいます。
1日競泳していたり、登山していたりなどの過酷な運動をする以外は、いくら食べても太らない運動はなかなかないです。
なので、食事も普段より気をつけつつ、運動をしていくのが成功するポイントです。
食事は高たんぱく低カロリーを基本意識したらいいと思うので、基本的には意識した食事を摂るようにして、食べたいものがある時は1日に1つだけそういうメニューを選ぶとかにすると、食事制限のストレスも少なく運動で痩せることができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です